今日は 久しぶりに 保護者同伴~パパは私朝までを紹介したいと思います。

保護者同伴~パパは私朝まで、何度も~ 玉城なお  第5話

保護者同伴~パパは私朝まであらすじ紹介

パパの美人部下、七瀬の突然の来訪。愛子は戸惑いながらも彼女を家に招き入れる。

大人っぽく、セクシーで品のある彼女の口から発せられる、パパへの惜しみない賛美に複雑な心境になる愛子。
そこへ帰宅したパパと七瀬のやり取りに嫉妬した愛子は、彼女の帰宅後、それを見抜かれたパパに後ろから攻められる。

洗い物をしていることを口実に拒絶するが、パパの唇は止まるところを知らない。
愛子を放心状態にしたパパに「もっといっぱい安心させて?」とねだる愛子。
“今はこの、ぬくもりだけが安らぎをくれる“
愛子はパパにすがりついた…  というのが  今回 第5話の大まかな流れです。

保護者同伴~パパは私朝まで  実際読んでみた感想

M成商事…パパってば、商社マンだったのね!
「至急お渡ししたい書類があって」って、昨今の一流企業は、
個人情報保護法ってものがあるので、家の住所やプライベートの連絡先は
人事部しか知らなかったりするのですが…
そんな中、ネクタイをはだけながら、セクスイー部長ならぬパパ帰宅。
パパが普通に帰ってきてくれて良かった。
玄関開けたらすぐ愛子ちゃん食べちゃうぞ!みたいな準備してなくて…
まあでも、それに近いことを考えていたのでしょう。七瀬さんがいることにビックリ。そりゃそうだ。
「データで送ってくれたらよかったのに」
ごもっともな返答ですパパ。でも七瀬さんは部長の家に来たかったんです。
愛子ちゃんは、2人のやり取りにすっかりぷんすかです。
あんな美人と仕事してるなんて…
そこは、亀の甲より歳の功というか、パパにはあっさり見抜かれ、
食器洗いの最中に後ろからたくさん攻められちゃいます。
愛子ちゃんもさらに開発されたのかあっさりイカされちゃいます。
それで「安心した?」ってパパ…
でも、七瀬さんと一緒に仕事して揺るがないって、
パパは本当に少女漫画の理想のヒーロー像ですね。
現実じゃあ二股でしょうね(すっかり腐れ切った大人になってしまった人の感想)

保護者同伴は こちらのサイトで 見れますよ!!