オススメ 漫画 夜這い島~淫靡な島の雛祭り~ を読んでみた。

夜這い島~淫靡な島の雛祭り~

タイトル「夜這い島~淫靡な島の雛祭り~」

ジャンル「アダルト」

<あらすじ> 奈保子は箱入り娘の大人しい女子大生。ある日、大学の友人から離島での泊まり込みでのバイトに誘われる。 日給5万円という高額なバイト代と平凡な日々を変えたいという思いから、過保護な親に内緒でバイトに行くことに。 しかしそのバイト先の雛吊島こそ現代まで夜這いの習慣の続く淫靡な島だった・・・。

<感想> 読みやすい整った絵柄で、複雑な体位も無理無く描かれています。作者の好みなのか、女性のほとんどが巨乳です。ツンと尖ったピンク色の乳首も張りのある乳房もかなり力が入っています。行為の最中も存分に活用されていて尻より乳派の人間としては嬉しい限りです。 お話の方もかなり凝っていて、骨太のミステリー仕立てで進んでいきます。数々の伏線や謎がちりばめられており、読み応え充分。最後にはあっと驚く結末を迎えます。 シュチエーションは羞恥プレイが中心で、主人公の大人しい処女の女子大生が孤島の中で恥辱にまみれた行為に晒されます。この時の表情がまた色っぽいんです。赤く染まる頬も、潤んだ目も、ひそめた眉も羞恥プレイ好きにはたまらない出来になっています。 プレイも多種多様で、基本的には男達が主人公を慰み者にするんですが、この村の慣習なのか、いちいち言葉責めをして羞恥を煽ります。いい慣習ですね〜。 巨乳好きな人、夜這いはロマン!な人、羞恥プレイに興味のある人、ちゃんとしたストーリーのあるエロ漫画を楽しみたい人は是非この「夜這い島」を読んでみてください。オススメです。